人生はステータスを競うゲームなのか?

生まれ落ちると同時に、人生の大海に放り出された私たちは、頼れる丸太にすがろうと必死です。人間が望むものは似たり寄ったりですから、己の欲するものを手に入れたければ、同じ対象に群がる多数との競争に勝たなければなりません。世の人が、互いに争って求めているものが2つあり、昔から「名聞利養」といわれています。「名聞」とは名声、俗にいうステータス(地位)であり、「利養」とは利益のことです。私たちが、お金と並んで、ひょっとしたらそれ以上に追い求めている「地位」について分析しましょう。

「ステータス」とは、ある集団で何番めにいるかという順位、階級、ランクのことです。「社会的地位」ともいわれ、会社での役職に始まり、出身学校のレベル、競技における格付け、芸能界なら人気、日常生活では近所の評判も含まれます。自分の上には何人いて、下は誰か、順位が気にならないでしょうか。

人生相談に出ていた話ですが、あるお母さんが、子どもの成績に一喜一憂して悩んでいます。塾に行かせ、勉強を見てやってサポートしているのに、結果が伴わず、落ち込んでいるそうです。子どもが「友達はスマートフォンを持っているよ」とか、「ディズニーランドに連れていってもらったんだって」と話そうものなら、「よその家はよその家」と言い切るのに、当の本人は、わが子の成績が何番か、気になってしかたありません。口うるさい自分に嫌けがさし、どうしたら子どもに過度な期待をせず、寛大で笑顔の母親でいられるのか、助言を求めていました。

残念ながら、常に他人と比較してしまう癖は、本能に根ざしたものであり、これがなければ生きていけないとさえいえるものです。人間の実態を知るために、ヒトに最も近い動物であるチンパンジーの行動を観察してみましょう。

人類とチンパンジーは、約700万年前に共通の祖先から枝分かれして、それぞれ独自の進化を遂げたというのが定説です。初期の人類は、外見はチンパンジーとそっくりですが、チンパンジーが樹上で生活するのに対し、主に地上で生活していたと想像されています。

チンパンジーの群れにおいては、上から下まで順位がつけられており、トップは「アルファオス」と呼ばれるオスです。オスは基本的に、どのメスよりも順位が高く、メスにも順位があります。このランク付けは頻繁に変わるので、固定したものではありません。ランクが上がる基準は複雑で、オスかメスかによっても異なります。

いくらアルファオスに腕力があっても、ナンバーツーとナンバースリーが結託したら、ひとたまりもありません。そこで、上位のオス同士で親密にしていたら、仲違いをさせるという政治ゲームも必要になります。ですからチンパンジーの社会では、ケンカに強いだけでは出世はできませんが、それでもオスが好戦的であることに変わりはありません。ヒトが肉体的な暴力を振るう頻度は、チンパンジーの1パーセントにも満たないといわれます。彼らの群れは、人間社会より数百倍から数千倍も攻撃的なのです。

戦争を繰り返している人類が、チンパンジーより平和的とは信じがたいでしょう。しかし、それを明らかに示しているのが、前から3番めの「犬歯」といわれる菱形の歯です。これは肉食動物が獲物を捕らえ、切り裂くための「牙」にあたる歯で、チンパンジーには鋭い牙があります。ところが人類は、700万年前にチンパンジーと袂を分かって以来、犬歯が縮小を続け、今や文字どおり牙を抜かれてしまっているのです。

(『月刊 人生の目的』令和6年4月号より一部抜粋)

続きは本誌をごらんください。


\ 最新号から定期購読できます /
令和6年4月号の主な内容


A4サイズ,80ページ,オールカラー
3月25日発売 定価:700円(税込)

人生の旅は、独りぼっち
このさびしさは、どこから

ベストセラー『人生の目的』の著者
 高森光晴先生にインタビュー


・「死んだら仏」ってホント?
・「健康こそ幸せ」はいつまで続く?
1からわかるブッダの教え 令和版 仏教辞典


「認知症か?」と、心配する前に
こころの相談室 心療内科医明橋大二


交通事故の加害者になってしまったら
これから先の不安に答える 弁護士・小堀秀行


剣豪・千葉周作の必勝法
光に向かって 高森顕徹


人生はステータスを競うゲームなのか
私たちは、なぜ生きるのか 哲学者・伊藤健太郎

「もききび」を使ったレシピ
野菜が主役なお料理ガイド 野菜料理家・月森紀子


親鸞聖人ご生誕の地 京都「日野の里」
歎異抄の旅 木村耕一


両親だけは、怒ることなく私の話を聞いてくれた
投稿 親のこころ


中原中也「汚れつちまった悲しみに…」
「人生の目的」を考えるヒント


シッタルタ太子の誕生
漫画 ブッダ 古澤たいち


便利でお得な定期購読
[最大30%オフ・送料無料]