読者様から届いたお便りを一部ご紹介します。

50代・女性
75歳・男性

心の糧として愛読しております。読み終えた時、何か安らぎを覚えるのは小生だけでしょうか?

59歳・男性

「私たちは、なぜ生きるのか」は、生きる意味を現在社会と照らし合わせながら意味を解いているので、たいへん理解が出来ました

60代・女性

拝読するたびに、日々忘れかけていたこと、自分は生かされているのだ、という感謝の気持ちを思い出させていただきます。これからも、毎日の感謝を忘れずに過ごして行きたいと思います。

80代・男性

ものすごく僕には勉強になりました。3か所にある「理解度アップクイズ」は、素晴らしい取り組みです。

79歳・女性

仏の教えはとても感銘を受け、感動を覚えました。精神的に強くなれ、心強く生きていけそうです。仏の教えをもっともっと知りたいです。

87歳・男性

「歎異抄の旅」を楽しみにしております。最初に読むのはこれです。毎号楽しい内容をありがとうございます。

78歳・男性

「巻頭インタビュー」「歎異抄の旅」「心の相談室」はいつも心に、何度も読み返します。「親のこころ」も糧として、思い返して読みます。漫画は気楽に読めてためになります。毎夜、枕元に置いて寝付く前に30分から1時間くらい気楽に、1日を反省しながら楽しく読んだり見たりしています。

69歳・男性

購読して3か月になり、7月からまた1年お付き合いします。とっても為になります。日々の仕事、生活に役に立ちます。

80歳・女性

105歳になる母の世話・介護で心が折れそうになる時、この書を手にすると気持ちが穏やかになり、母に対する心も優しくなります。ちょっとしたことですが、本当に助かっています。


\ 最新号から定期購読できます /
書店では販売しておりません
定期購読なら[最大30%オフ・送料無料]


『月刊 人生の目的』7月号



A4サイズ,80ページ,オールカラー
6
月25日発売 定価:700円(税込)

アニメ『世界の光 親鸞聖人』シリーズ
『歎異抄』をドラマチックに描く

◯映画監督
 大庭秀昭さんにインタビュー


「幸せになりたければ、善い行いをしなさい」
どんな行いが「善」なのか
令和版 仏教辞典 1からわかるブッダの教

 


鶴に学んだ、健康長寿の秘訣
光に向かって 高森顕徹

 


Q.誰かに何かを言われたりすると
 すぐに落ち込んでしまいます

こころの相談室 心療内科医・明橋大二

 


独り暮らしの老後を支えるための養子縁組
これから先の不安に答える 弁護士・小堀秀行

 


 

磯長の夢告と女犯の夢告
歎異抄の旅 木村耕一


人生100年時代に役立つたった一つのこと
私たちは、なぜ生きるのか 哲学者・伊藤健太郎


野菜が主役なお料理ガイド
◯ローストパプリカとなすの冷製パスタ ほか
 野菜料理家・月森紀子


手作りのぬくもり 母から私、そして息子へ ほか
投稿 親のこころ


上を向いて歩こう涙がこぼれないように
作詞 永 六輔

「人生の目的」を考えるヒント


四門出遊 その三
漫画 ブッダ 古澤たいち