【歎異抄の旅】親鸞聖人 出家得度の地|京都「青蓮院」

~親鸞聖人ご生誕 8 5 0 年企画~

親鸞聖人(しんらんしょうにん)は29歳の時、弥陀(みだ)の誓いどおりに、無上の幸福に救われました。そして、私たちに、「これは決して、親鸞だけのことではないのだよ。すべての人が弥陀の誓願(誓い)どおりに救われて、永遠の幸せになれるのだよ」と呼びかけておられます。

そんな喜びあふれる言葉を聞いて、感動したお弟子が、一言一言、書き留めたのが『歎異抄(たんにしょう)』でした。

今回の「歎異抄の旅」は、親鸞聖人が9歳で出家得度を受けられた青蓮院(京都市東山区粟田口)へ向かいます。

幼い子どもが出家して僧侶となり、比叡山へ上って厳しい修行に打ち込んだのですから、よほど重大な理由があったに違いありません。

その動機を明らかにするために、まず、親鸞聖人がお生まれになった頃の世相を確認してみましょう。

親鸞聖人が生まれた平安時代は、天皇と貴族を中心とした政治が約400年間も続きました。その実権を握っていたのが藤原氏です。

親鸞聖人は藤原氏の家系に、承安3年(1173)の春に誕生されました。

藤原氏といえば、十円玉の表に刻まれている平等院鳳凰堂を思い浮かべる人も多いでしょう。平等院は、藤原氏の全盛期を築いた道長の別荘を、息子の頼通が寺に改築したものです。

父の跡を継いで、地位、名誉、財産を手にした頼通でしたが、晩年になると、「やがて死んだら、どこへ行くのか」という不安が心を占めるようになりました。そこで、来世は浄土へ往生したいと願い、浄土にまします阿弥陀如来を本尊として建立したのが鳳凰堂だったといわれています。

平等院は、京都府宇治市にあります。JR京都駅から奈良行きの電車に乗ると、約20分で宇治駅に着きました。平等院までは、駅から歩いて約10分です。参道も境内も海外からの観光客でいっぱいでした。

壮大で美しい平等院を見るだけでも、藤原氏の権力、財力が、いかに大きかったかがうかがえます。

しかし、親鸞聖人がお生まれになった頃には、藤原氏の勢力は衰えていました。たとえ国一番の権力者になることができても、いつまでも頂上にとどまることはできないのです。

平安時代の天皇や貴族は、武士のことを、「命令すれば、人殺しでも何でもする犬以下の存在」として扱っていました。武士を「地下人(じげにん)」と呼び、地面を這い回る虫のように思っていたのです。

この差別を撤廃させたのが平家の経済力でした。平家は、ただの武士団ではありません。西日本に拠点を置き、海上の流通経済網を独占しただけでなく、中国大陸との貿易にも乗り出し、巨万の富を築いたのです。

経済力があれば、軍備の充実も、大寺院の建立も可能になります。

平清盛は、都で起こった戦乱を勝ち抜いて、政治の世界でも重きをなすようになりました。

さらに、私費で大寺院(三十三間堂)を建立して後白河上皇*に贈ったのです。清盛が太政大臣(朝廷の最高官)に昇進したのは、その3年後でした。これは藤原氏に代わって、平家が政治の実権を、ほぼ握ったことを意味します。

『平家物語』には、「政治の要職は平家の者ばかり。まるで平家以外に人がいないような状態です」「すでに、日本全体の半分以上の国を、平家が支配するようになりました」「平家の邸宅の門前には、来訪者の車があふれています。中国大陸から、あらゆる金銀財宝が集められ、何一つ欠けているものはありません」(すべて意訳)と書かれています。まさに、平家全盛の時代を迎えたのでした。

しかし、誰もがうらやむ幸せと繁栄を手にしたはずなのに、平家はわずか20年あまりで、急速に崩壊していくのです。

*当時の朝廷の権力者

(『月刊 人生の目的』令和6年5月号より一部抜粋)

続きは本誌をごらんください。


\ 最新号から定期購読できます /


『月刊 人生の目的』6月号の内容


A4サイズ,80ページ,オールカラー
5月24日発売 定価:700円(税込)

「なんで生きるんだろうな」
 ずっと知りたかった答えが『歎異抄』にあった

俳優・声優
 山口晃史さんにインタビュー


誰もが知りたい運命の仕組み
「幸・不幸」を決めるポイント
1からわかるブッダの教え 令和版 仏教辞典


物忘れや言い間違いが多くなった
高齢者への接し方
こころの相談室 心療内科医・明橋大二


人生のリスクに備える保険の仕組み
これから先の不安に答える 弁護士・小堀秀行


誠実に暮らしていても、あらぬウワサや中傷に、
悩み苦しみ腹立つことがある

光に向かって 高森顕徹


なぜ人間は、最も優しく、最も残酷な動物なのか
私たちは、なぜ生きるのか 哲学者・伊藤健太郎

親鸞聖人の旧跡 無動寺谷の大乗院へ
歎異抄の旅 木村耕一


野菜が主役なお料理ガイド
◯お豆腐のトマトチリソース など 野菜料理家・月森紀子


車いすの母が
「私のことは気にせんと、あんたは行きなさい」 ほか
投稿 親のこころ


漢の武帝「秋風の辞」
「人生の目的」を考えるヒント


四門出遊 その二
漫画 ブッダ 古澤たいち