Q定年まで頑張ったのに、孤独を感じるようになりました

66歳・男性

妻を5年前に亡くし、とにかく定年までは頑張って働こうと仕事に打ち込んできました。子どもも自立し、今回、退職を機に一人で住んでいた家を売り払い、駅前のマンションに引っ越しをしました。

最初は住居の管理も楽で、駅にも近く便利だと思っていたのですが、急に孤独を感じるようになりました。自分にはどこにも居場所がない、自分を必要としてくれる人は誰もいないと思うと、とても寂しい気持ちになります。これから私はどのように生きてゆけばいいでしょうか。

明橋大二先生

現在、「孤独・孤立」の問題は、大きな社会問題であるだけでなく、健康問題でもあることが知られるようになってきました。

2010年にアメリカで発表された研究によれば、社会とのつながりが弱い人は、強い人よりも死亡リスクが約1.9倍となることが明らかになっています。喫煙は約1.6倍、過度の飲酒が約1.4倍、肥満が約1.2倍であることを考えると、社会とのつながりの欠如は、喫煙や過度の飲酒、肥満よりも大きな健康リスクがあることが示されたのです。

その後、さまざまな研究が進み、孤独は、冠状動脈性心疾患(狭心症や心筋梗塞など)、高血圧、脳卒中、認知症、うつ、不安などのリスクを高めるという報告も出ています。

私たちは今まで、タバコが健康によくない、運動不足が健康によくない、ということはよく聞かされてきましたし、実際に禁煙については、社会全体でかなり取り組みが進みました。しかし「孤独」がそれ以上に健康によくない、ということを、私たちは意外と見過ごしていたのではないでしょうか。しかし今や孤独は、世界中で、最大の健康リスクとして認識されるようになってきたのです。

ここで「孤独」と「孤立」の違いについて、一言述べておきましょう。

「孤独」とは、自分が求める社会とのつながりが欠けているという主観的な感覚をいいます。それに対して、「孤立」とは、物理的に一人であり、周囲との交流がない状態をいいます。

孤立は孤独につながりやすいですが、孤立している人がみんな孤独を感じているのかというと、そうではありません。一人で創造的な仕事に打ち込んでいる時には、孤立はしていても、孤独とは感じていないでしょう。逆に、たくさんの人と一緒にいても、孤独を感じることはあると思います。

(『月刊 人生の目的』令和6年5月号より一部抜粋)

続きは本誌をごらんください。


\ 最新号から定期購読できます /


『月刊 人生の目的』6月号の内容


A4サイズ,80ページ,オールカラー
5月24日発売 定価:700円(税込)

「なんで生きるんだろうな」
 ずっと知りたかった答えが『歎異抄』にあった

俳優・声優
 山口晃史さんにインタビュー


誰もが知りたい運命の仕組み
「幸・不幸」を決めるポイント
1からわかるブッダの教え 令和版 仏教辞典


物忘れや言い間違いが多くなった
高齢者への接し方
こころの相談室 心療内科医・明橋大二


人生のリスクに備える保険の仕組み
これから先の不安に答える 弁護士・小堀秀行


誠実に暮らしていても、あらぬウワサや中傷に、
悩み苦しみ腹立つことがある

光に向かって 高森顕徹


なぜ人間は、最も優しく、最も残酷な動物なのか
私たちは、なぜ生きるのか 哲学者・伊藤健太郎

親鸞聖人の旧跡 無動寺谷の大乗院へ
歎異抄の旅 木村耕一


野菜が主役なお料理ガイド
◯お豆腐のトマトチリソース など 野菜料理家・月森紀子


車いすの母が
「私のことは気にせんと、あんたは行きなさい」 ほか
投稿 親のこころ


漢の武帝「秋風の辞」
「人生の目的」を考えるヒント


四門出遊 その二
漫画 ブッダ 古澤たいち