「四苦八苦」幸せへの第一歩は、苦しみの波を見つめるところから

親鸞聖人(しんらんしょうにん)は、波の絶えない海のように、苦難・困難・災難が次々にやってくる人生を「難度海(難度の海)」と教えておられます。

苦しみの波を一つ乗り越えて、「やれやれ」と安心しても、すぐまた別の波に襲われます。いじめ、失業、借金、離婚、介護、人間関係のトラブル……。

時には、二つや三つの波と同時に闘わなければならないこともあります。

約2,600年前、インドで仏教を説かれた釈迦は、難度海に押し寄せる苦しみの波を「四苦八苦」と教えられました。いつの時代、どこに生まれた人であっても、次の八つの苦しみからは逃れることができない、と説かれているのです。

・生苦(しょうく)
・老苦(ろうく)
・病苦(びょうく)
・死苦(しく)
・愛別離苦(あいべつりく)
・怨憎会苦(おんぞうえく)
・求不得苦(ぐふとっく)
・五陰盛苦(ごおんじょうく)

この「四苦八苦」という言葉は、「資金繰りに四苦八苦している」「失言の後始末に四苦八苦」などと、日常でも使われています。しかし、語源は仏教です。本来、釈迦が教えられた「四苦八苦」とはどんなことなのか明らかにしていきます。

まず「生苦」とは、生きる苦しみです。

釈迦は、私たちが生きていることそのものが、苦しみだと教えられているのです。

「越えなばと 思いし峰に きてみれば なお行く先は 山路なりけり」

と歌った人があります。

懸命に生きて一つの山(苦しみ)を乗り越えても、すぐ次の山が現れます。進学、就職、結婚、育児、出世、厳しいノルマ、借金の返済など、いつまでたっても、「山」との闘いは終わりません。

そもそも、生きていくには、お金がかかりますから、働かなければなりません。

毎月のローンに加え、治療費や教育費など、必要経費はかさむ一方で、心身ともに疲れ果てている人も少なくないのではないでしょうか。

(『月刊 人生の目的』令和6年5月号より一部抜粋)

続きは本誌をごらんください。


\ 最新号から定期購読できます /


『月刊 人生の目的』6月号の内容


A4サイズ,80ページ,オールカラー
5月24日発売 定価:700円(税込)

「なんで生きるんだろうな」
 ずっと知りたかった答えが『歎異抄』にあった

俳優・声優
 山口晃史さんにインタビュー


誰もが知りたい運命の仕組み
「幸・不幸」を決めるポイント
1からわかるブッダの教え 令和版 仏教辞典


物忘れや言い間違いが多くなった
高齢者への接し方
こころの相談室 心療内科医・明橋大二


人生のリスクに備える保険の仕組み
これから先の不安に答える 弁護士・小堀秀行


誠実に暮らしていても、あらぬウワサや中傷に、
悩み苦しみ腹立つことがある

光に向かって 高森顕徹


なぜ人間は、最も優しく、最も残酷な動物なのか
私たちは、なぜ生きるのか 哲学者・伊藤健太郎

親鸞聖人の旧跡 無動寺谷の大乗院へ
歎異抄の旅 木村耕一


野菜が主役なお料理ガイド
◯お豆腐のトマトチリソース など 野菜料理家・月森紀子


車いすの母が
「私のことは気にせんと、あんたは行きなさい」 ほか
投稿 親のこころ


漢の武帝「秋風の辞」
「人生の目的」を考えるヒント


四門出遊 その二
漫画 ブッダ 古澤たいち